岩井 建樹。 腎臓内科 | 地方独立行政法人 明石市立市民病院

「見た目問題」は「見る目問題」。許容性のある社会が、みんなをもっと生きやすくする

建樹 岩井 建樹 岩井

8月の出版記念イベントには、見た目問題の当事者を含む、約100人の観客が詰めかけた 社会の「見る目」を変える番 円形脱毛症で体毛を失った研究者の女性は、髪のない女性の生きづらさの原因を次のように分析します。 ただ気持ち悪いからと避けられたこともあります。 私は人からジロジロ見られてつらいこと、鼻血が出やすいことなどを打ち明けました」 「すると、悟さんは『人から見られるのが嫌なら、おれが君より目立つ着ぐるみを着て、隣を歩いてやる』と言ってくれました」 悟さんは「これから付き合う上で、顔の話題をタブーにしたくはなかった」と当時の思いを振り返ります。

腎臓内科 | 地方独立行政法人 明石市立市民病院

建樹 岩井 建樹 岩井

もし相手が見た目を理由に拒絶するなら、その程度の人だったと思えばいいだけですから」 「他人のアドバイスを素直に信じることも大事です。 いじめられた経験から男性への苦手意識も強く、男性を避けました。

11

突き刺す視線への怒りが原点 「見た目問題」支援の女性:朝日新聞デジタル

建樹 岩井 建樹 岩井

河除さんは、人とは違った外見を持って生まれた孤児と、孤児をいじめた少年への復讐を持ちかける悪魔を演じ分ける。 著書「」。 当事者は、社会に適応するため、そして幸せになるために、努力をしています。

18

「ひとりで悩まないで」 容姿差別を問う活動再開:朝日新聞デジタル

建樹 岩井 建樹 岩井

その後、いまの職場の保育園に出会い保育士として働き続けています。 普段はバンダナやキャップをかぶって生活しています。

7

村本大輔と探る「見た目問題」。恋愛、結婚、就職について当事者が語る

建樹 岩井 建樹 岩井

その姿をほかのアルビノの人たちに見せたいと思っています」 今年10月、マリアムさんはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ(標高5895m)に、ほかのアルビノの女性6人とともに登りました。 それを考えるヒントをくれるのが、新聞記者・岩井建樹(いわい・たてき)さんの著書『この顔と生きるということ』だ。

17

見た目問題、「感動ポルノ」と言われても報じる理由 長男への思い

建樹 岩井 建樹 岩井

「女性は美しくあるべき」「髪は女の命」といった常識が多くの女性の生きづらさにつながっています。 すると、アメリカの議会下院がアルビノ狩りを非難する決議を採択してくれました。

11

手術を40回以上繰り返した顔 恋に臆病だった私を変えた友と夫の言葉

建樹 岩井 建樹 岩井

これは相手に外見の症状があろうがなかろうが、他人と関係を深める上で大事なことだと思います。

19