公判 前 整理 手続。 公判前整理手続の実務

刑事裁判の流れ

前 整理 手続 公判 前 整理 手続 公判

」 捜査段階の初期の供述・・・「被告人から,地図が書いてある紙を手渡され,この家の近くに,ワインレッドのベンツが停めてある場所とかを調べて来いと言われた。 被害者参加手続への参加決定またはこれを取り消す決定をすること• これを 論告(ろんこく)といい、検察官はこれに併せて求める刑の重さを明らかにする (きゅうけい)を行う。 裁判員の方にとって争点を分かりやすくし、拘束期間をなるべく短くするために、裁判員裁判が始まる前に争点と証拠を整理しておくことが重要だからです。

公判前整理手続きってなに?|刑事事件手続きのQ&A

前 整理 手続 公判 前 整理 手続 公判

詐欺被害・消費者問題• 判決(同法342条、同規則220条、220条の2、221条). そのため、令和二年の受験生であっても、直前期にさらっと復習しておくと良いと思います。 公判前整理手続とは 公判とは、裁判所・検察官・被告人(弁護人)が、証拠調べや証言などを公開の法廷で行う手続きです。

19

公判前整理手続きってなに?|刑事事件手続きのQ&A

前 整理 手続 公判 前 整理 手続 公判

権利告知 次に、裁判長は被告人に対し(終始沈黙していてもよく、個々の質問に対し陳述を拒むことができること)等の権利を告げる(291条2項前段)。 さて、それでは本題に移りましょう。 これに対し、公判前整理手続きをした場合には、弁護側も冒頭陳述を行います。

5

公判前整理手続の実務

前 整理 手続 公判 前 整理 手続 公判

ここまでの手続を、冒頭手続と呼んでいます。

2

公判前整理手続き

前 整理 手続 公判 前 整理 手続 公判

例外的に、「やむを得ない事由」によって同手続において請求することができなかったものについては証拠調べ請求をすることが可能です。

11

公判

前 整理 手続 公判 前 整理 手続 公判

もちろん、弁護側も検察官側、裁判官側に弁護の方針や証拠を明らかにしなければなりません。

18

公判前整理手続き

前 整理 手続 公判 前 整理 手続 公判

公判前整理手続は、法律的知識を持つ専門家が争点や証拠の整理を行わなければ、被告人の防御権が損なわれる可能性があるため、刑事訴訟法第289条1項の(又は無期若しくは長期3年を超える若しくはにあたる事件)でなくても、被告人に弁護人が選任されていなければ、行うことができない(刑事訴訟法第316条の4)。 」 この供述部分は,本件の事実認定に関して重要な事項に当たる上,その矛盾も明らかであって,弁護人が,これを同法328条の証拠として請求する以上,供述調書の当該部分については,これを証拠採用した上,最終的な評議において,慎重に供述の信用性を判断する際に用いるベきものといえる,とされました。 人定質問 公判の初めに、裁判長が、被告人に対し、人違いではないことを確認するために、被告人の氏名、生年月日、住所、本籍地、職業を質問することになっています。

3