失 われ し 時 の 災厄。 失われた時を求めて

失われた時を求めて

災厄 し 時 失 われ の 災厄 し 時 失 われ の

貴族の上流社交界にも出入りしている。 しかし、『』紙のポール・スーデーやレオン・ドーデ、『新フランス評論』のらは、プルースト擁護の筆を取っている。

『失われた時を求めて』第1篇「スワン家のほうへ」マルセル・プルースト/吉川一義訳

災厄 し 時 失 われ の 災厄 し 時 失 われ の

しかし、この作品が当初予定されていた出版社から拒否されると、プルーストは、他の出版社を探しながら作品の改稿を続けていき、次第に全体の構想も変化していった。

3

『失われた時を求めて』第1篇「スワン家のほうへ」マルセル・プルースト/吉川一義訳

災厄 し 時 失 われ の 災厄 し 時 失 われ の

ときには、蠟燭を消すとたちまち目がふさがり、「ああ眠るんだな」と考える暇さえないこともあった。

10

「失われた時を求めて」どの訳が読みやすいかをくらべてみました 長編小説の読了に挑戦

災厄 し 時 失 われ の 災厄 し 時 失 われ の

長さはの原文にして3,000ページ以上 、訳では400字詰め原稿用紙10,000枚にも及ぶ。

3

Googleマップ。 仕事で毎日ナビを使うのですが、ある時から全く使えな

災厄 し 時 失 われ の 災厄 し 時 失 われ の

語り手はベルゴットに会う前は、白髪の優しい老作家をイメージしていた。 プルーストは初め第6篇に『逃げ去る女』という題を考えていたが、このころの小説が同じ題で仏訳されていたため『消え去ったアルベルチーヌ』という題も考えて迷っていた。 散歩のコースの一方は「スワン家のほう」で、散歩の途中でスワンの娘ジルベルトを見かけたことがあった。

8

Googleマップ。 仕事で毎日ナビを使うのですが、ある時から全く使えな

災厄 し 時 失 われ の 災厄 し 時 失 われ の

「第一章 プルーストの生涯 第二章 リセ時代 一 さまざまな出会い」(, pp. 270-298• ヴァントゥイユ嬢 ヴァントゥイユの娘。 もう一方は「ゲルマントのほう」で、この由緒ある大ゲルマント家の領地の城に住むゲルマント公爵夫人(半ばとなっている伝説の薄幸のヒロインの末裔)に語り手は憧れを抱いている。