かう だ に わ きま へ られ はべり 現代 仮名遣い。 国語・古典(佐賀県公立高校入試問題)

現代仮名遣い

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

なおヌに2種類あったのではなく、その片方はノの一種であってノに2種類あったのだと考えられるようになった。

14

現代仮名遣い

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

やはり「ず」と「づ」の遣ひ分けはきちんとしたいものです。 その他にも後代に賛成を得られなかった点は少なくないが、字音仮名遣い研究の基礎となった。 いくつもの仮名の用い方を全て正しいとする。

「正(旧)仮名遣ひ⇔現代(新)仮名遣い」相互変換~まるやるま君

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

築島(1986)、133-4頁。 ところで、現在学校教育では「歴史的仮名遣い」は古くて今では使われないものとしてしか教えられていません。 この観点から「歴史的仮名遣い」は「本仮名遣い」、「現代仮名遣い」は「略仮名遣い」と呼ばれることがあります。

19

「たまふ」を現代仮名遣いに直すには

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

以下はその他の主な転呼音。 参考:仮名遣いと音との関係 平安時代に書かれた「枕草子」の冒頭部を材料に、仮名遣いと発音との関係を見てみましょう。 思いがけなく、この古い都にとても不釣り合いなようすで(この姉妹が)いたので、(男は)心が乱れてしまった。

14

「たまふ」を現代仮名遣いに直すには

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

この男は(その姉妹を)覗き見てしまった。 因みに、「居る」は「オル」とも読みますので、この場合の「オル」もワ行で、「をる」と書きます。

5

現代仮名遣い

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

一、このかなづかいは、主として現代文のうち口語体のものに適応する。 1 直音 あ い う え お か き く け こ が ぎ ぐ げ ご さ し す せ そ ざ じ ず ぜ ぞ た ち つ て と だ ぢ づ で ど な に ぬ ね の は ひ ふ へ ほ ば び ぶ べ ぼ ぱ ぴ ぷ ぺ ぽ ま み む め も や _ ゆ _ よ ら り る れ ろ わ _ _ _ を• こんな発音の変化を反映して、旧かなづかい「てふてふ」は、「チョーチョー」と読まれるわけです。 イ 僧正は、その立場もあって自分の所望する物を法蔵の修理と遠回しに表現したため、宇治殿はその真意をはかりかねていたが、女房の機転によって理解し、僧正の満足を得ることができた。

4

簡単に覚えられる歴史的仮名遣ひ

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

しかしやの時代から戦前まで一貫して歴史的仮名遣いが用いられてきたわけではなく、歴史的仮名遣いは17世紀末以降、学問的に整理されたものである。 」 ただし,その場合でも,外来語などは拗音・促音を小さく書いていました。

7

現代仮名遣い

られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり られ かう きま に だ 仮名遣い 現代 わ へ はべり

しかし仮名遣いを決める際には方言や個人差は考慮しなくてもよく、また標準的な音韻の確定していない語彙は少数にとどまるとされる(江湖山)。 一、「いふ」か「いう」か 「現代仮名遣い」は発音どほり書くのを原則としますから、ハ行の動詞であった「言ふ」は「言う」と書き、ア行の動詞となります。

18