尼子 勝久。 尼子勝久とは

【刀剣ワールド】尼子家の歴史と武具(刀剣・甲冑)|戦国時代の戦国大名

勝久 尼子 勝久 尼子

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 6 生年:天文22 1553 戦国時代の武将。 後に晴久が保証人となり、に出ての僧となった。

上月城の戦い

勝久 尼子 勝久 尼子

1395年(応永2年)には、京極家が守護(将軍から地域の監督権を許された役職)を務める、出雲国(いずものくに:現在の東部)の守護代(守護の下に置かれた代官)に、尼子高久の子で2代目当主「尼子持久」(あまごもちひさ)が任じられ、月山富田城(がっさんとだじょう:島根県)に入城。

19

山中鹿介幸盛~尼子の勇将、七難八苦の生涯

勝久 尼子 勝久 尼子

本当はこうだったんですよ、 あれではそう思われても仕方ないですよね、すみません とかなら分かるけどビックリした。

6

山中鹿之助 (山中鹿助、山中幸盛)~尼子家再興に忠義を尽くした名将

勝久 尼子 勝久 尼子

川中島一騎討ちの碑がある場所は、月山富田城の城下町で病院などが集中する一角にある。 一時は上月城をに尼子の旗を立てますが毛利の猛攻の前に勝久は自害します。 当初援軍を差し向け上月城の救援に当たっていた秀吉も、信長からの播磨平定に注力すべしとの命に従う形でこれを断念。

山中鹿之助 (山中鹿助、山中幸盛)~尼子家再興に忠義を尽くした名将

勝久 尼子 勝久 尼子

天文二三年(1554)経久の二男・国久を長とし、尼子氏のなかで最強の軍団・新宮党に目を付けた毛利元就は、謀をめぐらせ晴久と仲たがいをさせ、国久・誠久父子は晴久に殺害される。 安来市広瀬町月山富田城を中心に、最盛期には山陰山陽十一州を従えた戦国大名『尼子氏』とは、どのような一族だったのでしょうか。

5

山中鹿介幸盛~尼子の勇将、七難八苦の生涯

勝久 尼子 勝久 尼子

それから14年後の1568年、毛利元就によって尼子氏が滅ぼされたために浪人となっていた山中幸盛(鹿介)らに擁立され、勝久は還俗、尼子氏再興を目指すことになった。 (福永喬久) - (長州藩重臣・主戦派、、) 尼子一族会 [ ] 尼子一族会は、全国の尼子氏の子孫・関係者が一堂に集い、集会を開く。 主人が頑張って運転してくれていたので、 なるべく寝ないように、頑張っていましたが…」 とつづっている。

18

尼子氏

勝久 尼子 勝久 尼子

家督相続 [ ] 3年()12月、父・晴久の急死により家督を継ぐ。