メトグルコ 500。 メトグルコ錠(メトホルミン製剤)自主回収、発がん性物質NDMA含む可能性

メトグルコ錠(メトホルミン製剤)自主回収、発がん性物質NDMA含む可能性

500 メトグルコ 500 メトグルコ

授乳婦 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること 動物実験 ラット で乳汁中への移行が認められている。 ・適用はあらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を十分に行ったうえで効果が不十分な場合に限り考慮すること。 通常のやり取り以上に糖尿病患者の実生活を知るには、薬剤師が患者会に参画する手立てもある。

17

メトグルコ錠(メトホルミン製剤)自主回収、発がん性物質NDMA含む可能性

500 メトグルコ 500 メトグルコ

1参照〕。 用法とかも結構違うんですよね。 これらの薬はインスリン分泌機能が低下している糖尿病患者に対して有効です。

5

【2020年】メトグルコ錠250mg・500mgが自主回収(クラスⅠ)へ|代替薬(代わり)は!?

500 メトグルコ 500 メトグルコ

わが国で1961年に発売されたが、70年代に同じビグアナイド薬(フェンホルミン)で乳酸アシドーシスの副作用が問題となり脚光を浴びることはなかった。 ・ 重度肝機能障害のある患者〔9. まれに重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがある リスク因子としては、腎機能障害、肝機能障害、低酸素血症を伴いやすい状態、脱水 利尿作用を有する薬剤の併用を含む 、過度のアルコール摂取、感染症、高齢者等が知られている。

5

メトグルコ(メトホルミン)の作用機序:糖尿病治療薬

500 メトグルコ 500 メトグルコ

腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。

1

2型糖尿病薬のメトグルコ錠250mg・同500mg、メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」から発がん性物質で自主回収

500 メトグルコ 500 メトグルコ

75%(103例)低下した。 まずはメトグルコ500の一般名、先発とジェネリックは以下の通り 一般名 区分 製品名 【般】メトホルミン塩酸塩錠500mg:MT 先発 メトグルコ錠500mg ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「DSEP」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「TCK」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「TE」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「トーワ」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「ニプロ」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「ファイザー」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「三和」 ジェネリック メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「日医工」 続いてメトグルコ250についてです。

8

2型糖尿病薬のメトグルコ錠250mg・同500mg、メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」から発がん性物質で自主回収

500 メトグルコ 500 メトグルコ

乳酸アシドーシス• その一方で、頻度は高くないものの、不適切な患者への投与による乳酸アシドーシスの重篤な副作用も報告されている。 重大な副作用• 特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること〔8. 軽度腎機能障害• 血液中の乳酸値が上昇し、吐き気や下痢、胃腸症状、倦怠感、筋肉痛などの初期症状から始まり、過呼吸、脱水、低血圧、低体温、昏睡などの症状へと進行していきます。

12

メトグルコ錠のすべて

500 メトグルコ 500 メトグルコ

1.2参照〕[併用により低血糖が起こることがあり、スルホニルウレア剤併用時に低血糖のリスクが増加するおそれがあるので、患者の状態を十分観察しながら投与する(併用による血糖降下作用の増強)]。

2型糖尿病薬のメトグルコ錠250mg・同500mg、メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」から発がん性物質で自主回収

500 メトグルコ 500 メトグルコ

低血糖症状を起こすことがあるので、高所作業、自動車の運転等に従事している患者に投与するときには注意すること〔11. 過度のアルコール摂取• 薬剤交付時の注意 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある。 2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は糖尿病性前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である]。