小田原 評定 意味。 「小田原評定」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

小田原評定とはなにか? (2018年8月10日)

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

天正 てんしょう 18年、小田原城の主であるの北条氏直 ほうじょううじなお は、豊臣秀吉の軍勢に城の周りを包囲されます。 ところが、その日の午後になって、私たちが伯父の家の茶の間へ集まって、小田原評定をやっているところへ、一通の電報が配達されました。

【小田原評定】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

これはナポレオン戦争の戦後処理などを話し合うウイーン会議の結論が なかなか出なかったことが語源のようです。 合議の語彙として「相談」が生き残りつつ、「談合」は外れてしまい、新たに「寄合・評定」が入ってきた時期。 『小田原評定』(小和田哲男・名著出版小田原文庫)では、通説での意味「まとまらない会議」としての使い方は『関八州古戦録』が最古とする。

15

【小田原評定】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

… 半村良『となりの宇宙人』 より引用• 天正18年()1月 - 「籠城」か「出撃」か。 今井が宿泊しているパレスホテルのスウィートルームで、五月二十一日午後十時二十分から始まった、今井、坂本、吉野、岡田、中澤の五者会談が、延々と続いていた。 一般的に「評議」というものは両者の意見が異なるため長引くことが予想されますが、時間を割いて話し合いをしても、一向に前に進まず結論に至らない様子を指す表現が「小田原評定」です。

ことわざ「小田原評定」の意味と使い方:例文付き

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

また、実際の会議や相談の様子が水掛け論的な場合は、状況を皮肉るニュアンスで「he- said-she-said-argument(彼女はああ言った、彼はこういった)」を使っても良いでしょう。 ちなみにこの城が「」と呼ばれるのは後年になってからの話です。

19

「小田原評定」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

昭和ぐらいまでは使われていた「寄り合い=合議」を想起してしまうが、それは当時の言い方ではない。 さらに、当時は戦国大名に強い権限がありました。 ちなみに「小田原評定」の「評定」は「ひょうじょう」と読みますが、「営業成績を評定する」や「接客態度を評定する」など、決められた尺度によって評価を決めるという意味での「評定」は「ひょうてい」と読みます。

3

おだわらひょうじょう【小田原評定】の例文集・使い方辞典

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

そもそも考えてみると、「評定」という言葉は同時代史料で余り見かけない。

5

小田原評定とは

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

天正18年(1590年)6月 - 「降伏」か「決戦」か。

攻城団

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

小田原評定 本来の意味は、北条氏が月2回おこなっていた重臣会議のことです。 ちなみに、これは「おだわらひょうてい」ではなく、「おだわらひょうじょう」と読みます。

14

小田原評定とはどんなことわざ?意味や由来をチェック!

意味 小田原 評定 意味 小田原 評定

このとき、北条側は豊臣側との戦いをやめ和解するための話し合いをします。 ビジネスシーンでは問題の解決や今後の計画など、結果や結論を急ぐシチュエーションがほとんどです。

19