光 ある うち 光 の 中 を 歩め。 光あるうち光の中を歩め トルストイ著【本のレビュー】

『光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)』(トルストイ)の感想(111レビュー)

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

ユリウスは何度かキリスト教の世界に走ろうと志しながらも、そのたびに俗世間に舞いもどるが、しかし、長い魂の彷徨の末についに神の道に入る。 ならば、失敗は不遇を誰か一人のせいにすることがいかに愚かな行為であるかは言うまでもない。 その戸惑いが大学時代の僕の象徴だろう。

13

『光あるうち光の中を歩め』(トルストイ)を読んで|らこすけ@読書|note

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

信頼の置ける感性を持つ人がいる。

「光あるうち光の中を歩め」原久一郎訳(新潮文庫)を読んで

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

グラスに口を付けると、氷が涼やかな音を立てた。 最近では大澤真幸と橋爪大三郎の共著『ふしぎなキリスト教』が講談社現代新書からベストセラーになるなどして話題を呼んだ。

13

『光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)』(トルストイ)の感想(111レビュー)

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

シガリロに火をつける。 暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。

13

光あるうちに光の中を歩め

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

今、あらためて案ずるに、確かにかの和讃では、「無明長夜」が一気に明けるとは説かれていない。 ややプロパガンダ色が強いものの、幸福とは何か、という哲学的とも言える問題を考えさせられるには良書であろう。 目も眩む光の中では、私たちは何も見えなくなる。

8

『光あるうち光の中を歩め』(トルストイ)を読んで|らこすけ@読書|note

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

その後幾つかの職を経験しながらも、1929年に白葉とともにトルストイ全集を岩波書店から刊行します。 ただ、後になって読み返してみると、前二冊は、いずれも主人公が夜闇の中に消えて終わる結末であるのに対し、後の一冊は、光(キリストの教え)に出会ってめでたく物語が結ばれていることに気づかされた。

20

「光あるうち光の中を歩め」の光とはなんなのか?トルストイの名作

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

たとえば、オートバイのヘッドランプって、昼間と夜では全然ちがうものね。 「俺ってぜんぜん幸福じゃねえ!」 最終的にユリウスは、原始キリスト教の信者であるパンフィリウスのもとへ駆け込み、その道に入ります。

3

「光あるうち光の中を歩め」の光とはなんなのか?トルストイの名作

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。

9

光あるうち光の中を歩めとは

を 中 の 光 歩め うち ある 光 を 中 の 光 歩め うち ある 光

古典教養文庫について 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。 15年という年月を経た今でも。 洋の東西を問わず、宗教において救済は、しばしば光と闇の比喩をもって説かれる。

17