京成 運用。 京成電鉄のページ

京成3300形電車

運用 京成 運用 京成

3400 - :快速 新木場 - 飯能間• 0301 - ・0373 - :特急「はこね」・「さがみ」・「モーニングウェイ」• 大阪難波21時発の名古屋行き甲特急(白子・四日市・桑名に停車)は621(毎日運行)• 保守・管理上からは統一する方が望ましいが、これはにおいても継続されている。 LEDが切れてしまった。 2009年に会社創立100周年記念事業として、3編成がそれぞれ往年の塗装色である・・ファィアーオレンジ塗装(新赤電)となったが、2013年2月から3月にかけて各編成とも営業運転を終了した。

9

京成3100形電車 (2代)

運用 京成 運用 京成

その後、 - に鉄道敷設免許を有していたを東武との競合の末に(昭和5年)に吸収合併、その免許を利用する形で翌(昭和6年)に - 間、(昭和8年)に日暮里 - 間を開業。 機器配置は7次車から9次車まで同様 凡例• 2015年2月28日をもってすべての運用を終了した。

12

京成3700形

運用 京成 運用 京成

その後「シティライナー」は成田空港駅への乗り入れをやめ、2014年11月8日から定期運行は土休日1日1往復のみとなっていたが、2015年12月5日のダイヤ改正にて定期運行が廃止された。 フルカラーLEDに改造された。 1次車はクロスシート試作車の3316編成の3313が先頭に出ないような編成を組成。

京成3700形電車

運用 京成 運用 京成

4200 - :準急 西武新宿 - 間• 一の位と十の位で、列車の大まかな種別を示す。 しかし、初代は列車種別整理のため「特急」に統合される形で廃止された。

17

京成3700形

運用 京成 運用 京成

700から使用。 学園前駅にもある。

13

京成電鉄

運用 京成 運用 京成

妻面への番号表記はとともに数少ない事例である。 車両内装 室内のカラースキームは、3600形とは異なり、模様入りの化粧板に、濃い色のと床材がベージュ濃淡とされた。

9

列車番号の付番方法

運用 京成 運用 京成

中山 - 船橋(現在の京成船橋)間が開業。 準大手私鉄 [ ] 新京成電鉄 [ ]• 3304編成のみが4両となり、検査時抜ける車両があった場合は3304編成で6両を穴埋めした。 1984年6月から1985年3月までに行った車両は東急車輛で施工している。

10