マツダ cx30 試乗。 マツダ 新型「CX

【試乗記】マツダCX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

2台のサスペンションセッティングはどちらも高速道路などでのボディの上下動は少なく、「フラット」な乗り心地です。 ただ、高速走行時にアダプティブクルーズコントロールを使用し先行車に追いついた時、速度を回復させるために再加速する際に若干のタイムラグを感じました。 パワーはあればいいというものではないけれど、パワーがなければ味わえないドライビングプレジャーもあるので、そこが気に入って好きだという人もそれなりにいるはずです。

6

【試乗記】 マツダ CX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

車重がCX-30のほうが重いのだが、体感的には差は感じない。 いいクルマなので。

4

マツダ3のSUVバージョン、CX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

その証拠に、接着剤をふんだんに使っているのだ。 新型CX-30を持ってしても、車の一体感ではあと一歩輸入車に届いていない気がしました。 もちろん、よほどの高回転(6千回転以上)まで回すと話は変わってくるとは思うが、今回の試乗では最高で5200~5300回転あたりまで回してみたものの、加速フィールに違和感は無かったので問題なし。

マツダ CX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

そんな折、マツダが「価値体験型取材会」という1泊2日の旅行を模した試乗会を開催するというので参加してきた。 6速ATと4WDの組み合わせ。

13

マツダ3のSUVバージョン、CX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

その前提でみると、ヴェゼルは軽快なアクセルレスポンスとサウンド、そして軽快なハンドリング、硬すぎないサスペンションの設定、気持ちの良いエンジンフィーリングなど、走りの質感が非常に高い一台と言えます。

生真面目なマツダ CX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

そういう意味では「深化した魂動デザイン」の本質が見えるデザインとも言える。 0Lガソリン仕様「20S 4WD」に乗り換え、長野県松本市の観光地巡りからスタート。 逆に、クルマとの対話を楽しみたいなら断然ディーゼルがオススメ。

11

【試乗インプレ】マツダ「CX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

また、途中に立ち寄った松本民芸家具の工房でみた、手作り家具からは美しい造形美を感じた。

8

【試乗レポート マツダ CX

試乗 マツダ cx30 試乗 マツダ cx30

目指す信濃路へは都市高速を経由して、東名高速道路、圏央道から中央自動車道を走る。 今回、この2台の操縦安定性や乗り心地、ロードノイズといった走りの違いを比較しました。 ギア比がスローなCX-30は、ハンドル操作量が普通のクルマよりも大きめとなるため、二の腕のいい運動になった。

9