連携 を 図る 意味。 「協力を図る」とは?意味や使い方を解説

計る/量る/測る/図る/謀る/諮る(はかる)の意味

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

)を図るために行う事業• 簡単に言えば、「協同作業」を指すのが「連携」だということになります。 連携とは何か?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく! 連携(れんけい)とは「同じ目的で何事かをしようとするものが、連絡をとり合ってそれを行うこと」という意味です。

19

「協力を図る」とは?意味や使い方を解説

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

なお、辞書の説明にもあるように、 「連係」は「連繋」と書く場合もあります。 )をとるよう助言又は指導をすることができる。

【連携を図ること】の例文集・使い方辞典

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

連係の使い方は例文で覚えましょう。

2

連係の意味・使い方・連携との違いとは?協力する/連携プレー

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

今回は、「連携」「連係」「連繋」の意味と違いについて詳しく解説していきます。 たとえば、小学校の運動会を「学校」「子供」「父兄」「地域住民」で「連携」して行うこととしたとします。 生計が関係している「働く」ではなく「行う」ですので、その物事に対する真剣度合いは落ちます。

19

「連携」とは?意味や使い方をご紹介

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

「協力」の英語 解釈 ・例文など• 下記の関連記事は一緒にいて楽しくない人の特徴が紹介されています。 の「 連係プレー」については補足しておきましょう。

3

連係と連携の違いとは?連繋の意味・使い方も解説

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

他と密接な関連をもつこと。

18

「推進を図る」とは?意味や使い方を解説

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

忖度 そんたく する。

【図る】と【計る】と【測る】と【量る】の意味の違いと使い方の例文

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

「 繋」は「繋(つな)ぐ」とも読むように 「 何かを結びつける」という意味がありました。 前項の条件は、許可、指定、認定又は承認に係る事項の確実な実施を図るため必要な最少限度のものに限り、かつ、許可、指定、認定又は承認を受ける者に不当な義務を課することとなるものであつてはならない。

「図る」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

図る 連携 意味 を 図る 連携 意味 を

例えば「右腕を動かすと一緒に左足も動いてしまう。

9