貞 五郎。 刀 荒川貞五郎直行

久々利頼興

五郎 貞 五郎 貞

を領する仁科氏は天文22年(1553年)に武田方に帰属し、安曇郡は支配期を経て直轄領化されている。

2

刀 荒川貞五郎直行

五郎 貞 五郎 貞

銘文から、文政(ぶんせい)11年(1828)、荒川直行(なおゆき) の作であることが知られます。 通常の刀の1. 異母兄に・、同母の弟妹に・(婚約者)・(正室)がいる。

6

仁科盛信

五郎 貞 五郎 貞

土岐頼康の弟にあたる。

13

仁科盛信

五郎 貞 五郎 貞

加木屋はかつて頼興が謀殺した斎藤正義の遺児・ 加木屋正次の子であった。

5

仁科盛信

五郎 貞 五郎 貞

家紋は、割り菱紋と丸に割り菱紋。 荒川直行は、天明(てんめい)3年(1783)に鹿沼宿田町(たまち)で生まれ、宇都宮藩お抱えの刀工八木沢忠吉俊秀(としひで)に入門、天保(てんぽう)3年(1832)には宇都宮藩の御用鍛冶(かじ)となりました。

18

久々利頼興

五郎 貞 五郎 貞

使いに来た僧侶の耳を削ぎ落として追い払ったとされる。