クリーデンス クリア ウォーター リバイバル。 クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルとは

無理やり付けられたバンド名とその経歴:クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルの前身バンド「ゴリウォッグス」

ウォーター リバイバル クリア クリーデンス ウォーター リバイバル クリア クリーデンス

にサンフランシスコを拠点とする系ローカル・レーベルのと契約(当時のレーベル・マネージャーのによって、半ば契約させられた説あり)、バンド名を「ゴリウォッグス」と変えてデビュー。 Label: 52 — — 29 — プラチナ 1969• また、このときにステュがピアノからギターへ、トムがリードボーカルからリズムギターへ、そしてジョンがリードボーカルとメインソングライターとして、それぞれのパートを変わることとなった。 1969年7月、サード・アルバム を発表。

15

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの作品

ウォーター リバイバル クリア クリーデンス ウォーター リバイバル クリア クリーデンス

にはの星を獲得している。 その後、本国のリリースから日本発売までのタイム・ラグが1ヶ月に縮まるのに半年を要している。 たぶん テキトーに思いつきでつけているんだろうな。

15

クリーデンス・クリアウオーター・リバイバル : 吉村智樹の街がいさがし ~ご町内の黄金郷~

ウォーター リバイバル クリア クリーデンス ウォーター リバイバル クリア クリーデンス

この曲大ヒットしたものの放送禁止になった州もあったのだそうです。 Written by Max Bell• の曲は本当にコンパクトな時間で見事な完成品を聴かせてくれる。 Green River 1969 US 1• そんな中彼等の音楽は、数年前に新幹線が開通し、東京でオリンピックを開催、GNP世界第2位となって「エコノミック・アニマル」と呼ばれ、大阪万博へと雪崩れ込んで行く高度成長の絶頂にあった我が国にも、当然の如くやって来たのである。

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(C.C.R.) 『コスモズ・ファクトリー(Cosmo’s Factory)』

ウォーター リバイバル クリア クリーデンス ウォーター リバイバル クリア クリーデンス

Label: Fantasy Records 7 18 33 — — 2x プラチナ• 本作発表までの経緯 CCRの前身バンドはジョン・ステュ・タグの3人が中学生だった頃に結成された。 Creedence Gold 1971 US 12• Spotifyへの登録は以下のページから。

13

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

ウォーター リバイバル クリア クリーデンス ウォーター リバイバル クリア クリーデンス

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

ウォーター リバイバル クリア クリーデンス ウォーター リバイバル クリア クリーデンス

「俺は知りたくもない そんな雨を見たことがある奴のことなんて 俺は知りたくもない そんな雨を見たことのある奴のことなんて 晴れた日に降る雨のことなんて・・・」 (詞、曲ともジョン・フォガティ) 雨とはナパーム弾のことなのだそうです。 2月25日 愛知県体育館• 1945年5月28日生。 NHKで放送された「スターの殿堂 」で、CCRの出演した際の映像が紹介された。

12

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

ウォーター リバイバル クリア クリーデンス ウォーター リバイバル クリア クリーデンス

収録曲「BROWN-EYED GIRL」は'65年当時1万枚売れた事が記録されている。