農林 漁業 団体 職員 共済 組合。 厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律案

共済組合

共済 職員 組合 団体 漁業 農林 共済 職員 組合 団体 漁業 農林

改正:• 附則第四十条中「百分の七十」を「百分の六十八・〇七五」に改める。 平成24年3月 厚生年金の受託業務終了• ) 三 施行日の前日において附則第十条第三項第一号に掲げる者であって施行日以後同項ただし書の規定による社会保険庁長官への申出をしないもの(前二号に掲げる者を除く。

9

農林年金に加入していた人に対してのお知らせ

共済 職員 組合 団体 漁業 農林 共済 職員 組合 団体 漁業 農林

) 二 存続組合が指定する機関のうち特例年金給付、特例一時金又は特例退職共済一時金等の支払を受けることを希望する機関(以下「払渡機関」という。 4 前二項の規定により算定した特例退職共済年金の額が、第一号に掲げる額から第二号に掲げる額を控除した額より少ないときは、当該控除した額を特例退職共済年金の額とする。

13

厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律の施行に伴う存続組合が支給する特例年金給付等に関する省令の全文・条文

共済 職員 組合 団体 漁業 農林 共済 職員 組合 団体 漁業 農林

一 廃止前農林共済法 第一条の規定による廃止前の農林漁業団体職員共済組合法(農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正する法律(平成十二年法律第二十四号。

10

共済組合

共済 職員 組合 団体 漁業 農林 共済 職員 組合 団体 漁業 農林

4 前項の規定による退職共済年金の額は、第三十七条第一項の規定にかかわらず、同項の規定により算定した額から政令で定める額を減じた額とする。 改正:• (1997年に統合、短期給付はに移行)• A 特例一時金については、改正法の施行後、受給権者の方々への支給終了までに5年程度かかるものと見込んでいます。 改正:• 3 本件組合員が退職一時金を返還した場合の確定申告 (1) 退職一時金返還制度は、法施行後の現在も存続しており、本件組合員は年金受給権取得後に退職一時金を共済組合に返還することとなるが、本件組合員が年金控除方式を選択した場合、退職一時金を控除する年金は、共済組合が支給する特例年金部分に限定されていることから、従来と異なるところはない。

13

特例年金制度の完了について

共済 職員 組合 団体 漁業 農林 共済 職員 組合 団体 漁業 農林

第五章 掛金及び国の補助(第54条 - 第62条)• 第一五一回 閣第八三号 厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律案 (農林漁業団体職員共済組合法等の廃止) 第一条 次に掲げる法律は、廃止する。 、、、、、、• )は、平成十三年統合法附則第四十九条第三項に規定する死亡の届出義務者又は特例年金給付を受ける権利を喪失した者は、速やかに、次に掲げる事項を記載した届書に特例年金給付受給権者が死亡したときにあっては死亡を証する書面、特例年金給付受給権者が権利を喪失したときにあっては戸籍抄本を添え、これを存続組合に提出しなければならない。

8

農林年金制度の完了について:農林水産省

共済 職員 組合 団体 漁業 農林 共済 職員 組合 団体 漁業 農林

)が、当該厚生年金保険の被保険者の資格を喪失したときに旧農林共済組合員期間及び継続厚生年金期間を合算した期間が二十年以上である場合は、当該特例退職共済年金の額を前項第一号の規定の例により算定した額に改定する。

1